上椎葉ダム

-

-

  • 歴史資料

上椎葉ダム について

昭和30年に完成した日本最初のアーチ式ダム。上椎葉から耳川を2キロ遡った上流に位置する。堤高110m、堤長341m、有効落差144m、総工費136億円、延べ労働力500万人を動員して建設された。椎葉ダムのダム湖である日向椎葉湖は作家吉川英治の命名。四季折々の美しい風景は椎葉の代表的な観光コースのひとつ。

文化財一覧に戻る